医療と生活習慣病についての記事を書いています

心筋梗塞ってなんでおきるの?

Data:2014-02-26 09:54

医療と生活習慣病について調べてみました。

心筋梗塞は高血圧の人がかかりやすい病気で、心臓に向かう血液の量が少なくなってしまい、最終的に腐ってしまう恐ろしい病気です。

血管が狭まる事によって起き、胸の痛みから始まり、吐き気やめまい、そして、意識を失う場合もあります。

また、高齢者の場合、糖尿病を併発している事が多く、痛みを伴わないで心筋梗塞にかかっているといったケースもあるそうです。

医療的な、対処法は心臓の血液不足を解消するために、心臓マッサージを行うのが基本となります。

また、血管をつなぎなおす、バイバス手術を行うことで医療的に問題の解消を行います。

原因は主に食習慣からくるもので、肥満体形の人が成りやすく、脂肪の多い食事をとっている人は危険が大きいです。

また、不摂生が心筋梗塞を招く要因でもあり、しっかりした睡眠や運動を捕っていない人もかかりやすい病だといえます。

そういった事から、体を大事にする必要性があります。

見てもらいたいサイト

Search

BACK TO TOP